産業医について

人事担当者が知っておきたい産業医の基本事項

働き方改革関連法の施行により「産業医」の権限が強化されました。
産業医とは、貴社で働く人達が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う役割の医師のことをいいます。このページでは、産業医について基本的な事項をまとめました。

産業医とは?

労働者が50名以上の事業場では産業医の選任が義務付けられています。産業医とは、働く人の職場における健康障害を予防し、心身の健康を保持・増進するために、専門的な立場から組織や労働者に対して指導・助言などを行う医師のことです。労働安全衛生法により、事業場の労働者数が50名を超えるタイミングで、何をすればいいかわからずに困っている人事・労務担当者様は非常に多いです。法律で義務付けられているこれらの業務を実施していく上で鍵になるのが頼れる産業医を選任することです。産業医の役割は、働く人の健康だけでなく、労務問題にも大きな役割を果たすようになっています。企業は、産業医を選任するだけでなく、法定業務を実施させ、社員の健康を守ることが求められています。

産業医の選任義務

50名未満 50~999名 1,000~3,000名 3001名以上
産業医選任義務 なし(努力義務) 産業医(嘱託可) 専属産業医 2名以上の専属産業医

嘱託産業医と専属産業医

産業医には、月に1度の訪問を行う嘱託産業医と、常勤で企業にいる専属産業医がいます。一般的に産業医というと常に会社にいるお医者さんという「専属産業医」のイメージを持つ方が多いです。しかし、多くは月に1度だけ訪問する「嘱託産業医」です。

50名以上の企業のポイント

1.産業医の選任が必要になります

労働者が50名以上の事業場では産業医の選任が義務になります。14日以内に選任し、選任報告書を労働基準監督署に提出しなければなりません。

2.衛生管理者も選任します

衛生管理者も、選任が義務になります。14日以内に選任し、選任報告書を労働基準監督署に提出します。人事・総務担当が資格を取ることが多いです。一般的には、産業医とのやりとりの窓口になることも多いため、人望があり、職場のことをよく理解している労働者で、役職者でない方が望ましいです。有資格者が退職や異動になる可能性も考慮して、複数名に受験してもらうのがいいでしょう。

3.衛生委員会の設置が義務付けられます

衛生委員会とは、労働者の健康について審議する委員会です。常時50名以上の労働者を使用する事業 場で設置が義務付けられています。また、特定の業種の場合、作業環境の安全性を審議する安全委員会も設置義務があります。罰則規定があり、実施義務を怠った場合は50万円以下の罰金が科されます。

4.健康診断結果報告書を労基署へ提出

健康診断そのものは労働者が1名でも実施しますが、健康診断の結果を労働基準監督署へ報告する義務が生じるのは、50名になった時点からです。

5.ストレスチェックの実施

2015年12月から、労働者が常時50名以上の事業場に実施が義務付けられています。1年に1回実施し、高ストレス判定者のうち希望者には医師による面接指導を行います。事業場のことを理解する産業医が実施者となることが望ましいとされています。実施後、労働基準監督署に報告書を提出します。

産業医と主治医の違いとは?

産業医とは、働く人の職場における健康障害を予防し、心身の健康を保持・増進するために、専門的な立場から組織や労働者に対して指導・助言などを行う医師のことです。通常の医師とは違い、産業医の役割は診断や処方をすることはありません。

主治医 産業医
対象 病気の人・ケガの人(患者) 従業員(健康な人も含む)
目標 日常生活ができるレベル 就業可能なレベル
役割 患者の検査・治療・経過観察 従業員との面談・事業主への勧告等(基本的に治療はしない)
立場 患者の利益優先 中立的な立場(会社と労働者、それぞれの利益)
書類 診断書 意見書
法律 医師法、医療法 医師法、労働安全衛生法、労働基準法

主治医は「日常生活ができるレベル」、産業医は「就業可能なレベル」を基準に従業員を見ます。
また、主治医は患者の具体的な業務内容まで把握していません。そのため、休職者などの対応をする際に、主治医は「復職可能」、産業医は「復職不可」と判断して意見が割れることがよく起こります。

産業医事務所が選ばれる理由

Point①:高いサービス品質
弊社産業医はすべて雇用契約を締結しています。斡旋業者や紹介業者と違い、産業保健サービスの品質力に実力の差があります。また、産業医選考にいおいて人柄やコミュニケーション能力なども考慮しているため、貴社にあった産業医がご担当させて頂くことができます。
Point②:はじめてでも安心
はじめての産業医選任ならお任せくだ さい。初回の産業医訪問時は弊社の コーディネーターが同行し、衛生委員会 の立ち上げや年間プラン作成をサポー トします。必要書式やマニュアルなども 完備しております。

私たちが目指すこと●

産業医として名前だけは登録しているものの、産業医の活動実績がない「名前だけ」の状態です。そうなると、月に数万円の報酬を支払い続けながら、法令遵守もできていないことになります。50名~99名の事業場の20%以上で産業医の職場訪問が年に1度もないのが現状です。しっかり法定業務ができる産業医の人数は、約1万人ほどしかいないとも言われています。
私たちの「産業医サポートサービス」は、頼れる産業医支援と、産業保健の実務を継続的に支援しています。紹介して終わりではなく、業務委託形式で毎月の産業医の職場訪問をしっかりと機能させることを大切にしています。すべては、企業の産業保健を意義ある活動に変えていくためです。まずは法令遵守から。法令の基準にそった体制構築をいたします。そして、働く人の健康や企業の生産性向上を実現できる産業保健を目指しています。