メンタルヘルス支援

集団分析で職場環境の改善につなげる

ストレスチェックは労働者のストレス具合を定期的に評価する制度で、労働安全衛生法で定められています。従業員が自身のストレスに気付き、事業者が働きやすい職場環境を整えることで、メンタルヘルス不調を未然に防ぐことを目的としています。
50人以上の労働者を雇用する事業場では実施が義務付けられています。50人未満の事業場については努力義務とされていますがその意義や効果を鑑みて実施することが望ましいでしょう。